ウルグル

公開日: 田舎にまつわる怖い話

田舎の風景(フリー写真)

俺の実家は東北の超田舎にあるのだけど、数年に一度、村全体で謝肉祭をやるんだよね。

その風習が少し変わっていて、その年に7歳になる子供と16歳以上の未婚の女を別々の籠に入れ、普段は立ち入り禁止になっている山奥の祠に閉じ込めるの。3日間。

でも一つ問題があって、これに選ばれた人間は、色々とおかしな事になってしまいました。

だから選ばれる人間は、必ず村の中で立場の弱い人間が中心に選ばれる。

三つ前の祭で問題が起こった。

その時、祠に入れられる人はもう決まっていたのだけど、何故か村長の親戚の娘が自分が入ると言い出した。

この女性は7歳の時、祠に入れられた経験のある人。

本人がやりたいならやれば良いということで決まりかけた。

だけど、今度は村長がOKを出さなかったんだよね。

この時はまだ、村の立場の弱い人間を選ぶというルールは無かったけど、多分自分の一族から出すのは格好悪いとかそういうことなのだろうと思います。

でも、その娘は絶対に自分が入ると言って聞かなかった。

それでも結局、村長が絶対に駄目だと言うので、その娘は選ばれなかった。

これは聞いた話なのだけど、その時

「自分が入らないと大変なことになる」「約束がどうのこうの」

と言い、すごく揉めたらしい。

当然何を言っているか意味が解らないし、村長の意向で別の人が二人選ばれた。

その人たちが祠に入って3日後。籠が祠から運び出されて開けられた。

その時に問題が起こった。籠を開けると7歳の方の子は出て来たのだけど、もう一人の方が出て来ない。

村人も段々異変に気付いて、何だ何だという感じになって来た。

籠の中を何人かで確認する。中は空っぽ。

籠から出て来た人は大抵ぐったりしていたり、ボーっとして意識朦朧としていることが多いのだけど、この時の7歳の子はブルブル震えながら怯えているようで、明らかに様子がおかしかった。

村人何人かで祠の中などを探したりしたけど、籠に入っているはずの女性は何処にも見当たらなかった。

駐在さんにも来てもらい、翌朝町から警察官が沢山来て捜索したけど、やはり女性は見つからなかった。

最終的には行方不明ということになった。

後から村の人たちの間で噂になったことなのだけど、7歳の子が警察の人に色々聞かれた時に、しきりに

「守らんかったから来た」

などと妙なことを言っていたらしい。

その子も相当なショックを受けたのか、それをただ繰り返すだけで、何が来たのかは

「ウルグル」

と変なことを言うだけで判らず仕舞い。

こういうことがあったから、当然祭りをどうするか話し合いがあったそうだが、ご先祖様たちがここに落ち着くと同時に始まった祭りなので、祭りそのものは存続。

ただし、安全のため祠に入る人の選定は、審査して問題の無い人を選ぶということに。

というのは表向きで、実際は何が起こっても良いように、立場の弱い人間が中心に選ばれることになった。

あの時の7歳の子は今でも村で生活しているらしいけど、あまり普通に会話出来るような感じではないらしい。

村長の親戚の娘はこの事件の後、何ヶ月かして余所に出て行ったということだった。

村長はそれから暫くして亡くなった。

当時もこの事件について話さないようにという雰囲気が村にあったようで、真相を知りたくても村人たちはそれ以上踏み込めなかった。

なので、本当にオチ無し。あまり怖くない話でごめんなさい。一応これで終わりです。

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。 標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。 地元の人たちは…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。 前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。 他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。 人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。 村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

村

閉ざされた集落

もう20年以上前、少年時代の話である。 俺は名は寅、友達は雄二に弘樹と仮名を付けておく。 ※ あれは小学校六年生の夏休み、俺達は近所の公園で毎日のように集まり遊んでいた。 …

瀬戸内海

送り船

二年前の夏休みの話。 友達の田舎が四国のど田舎なんだけど、部活のメンバー四人で旅行がてら泊めてもらうことになった。 瀬戸内海に面する岬の先端にある家で、当然家の真横はもう、…

祭祀(長編)

近所に家族ぐるみで懇意にしてもらってる神職の一家がある。 その一家は、ある神社の神職一家の分家にあたり、本家とは別の神社を代々受け継いでいる。 うちも住んでいる辺りではかな…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。 私の故郷の村には生贄様という風習があった。 生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。 月曜日…

じいちゃんの話(長編)

これは俺が10年以上前に体験した話。 当時、俺は田舎にある実家に住んでいた。 実家は古くから立つ日本家屋ではあったが、辺り一面に田んぼがあるほどのド田舎という以外は、ごく普…

田舎の風景(フリー写真)

神隠しの言い伝え

ある日の夜、警察に連絡があり、村中の大人の男が集まって大捜索が行われた。 俺の親父も仕事から帰って飯も食べずに村の会館へ向かった。 母ちゃんは緊張した顔でどこかに電話してい…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…