ウルグル

公開日: 田舎にまつわる怖い話

田舎の風景(フリー写真)

俺の実家は東北の超田舎にあるのだけど、数年に一度、村全体で謝肉祭をやるんだよね。

その風習が少し変わっていて、その年に7歳になる子供と16歳以上の未婚の女を別々の籠に入れ、普段は立ち入り禁止になっている山奥の祠に閉じ込めるの。3日間。

でも一つ問題があって、これに選ばれた人間は、色々とおかしな事になってしまいました。

だから選ばれる人間は、必ず村の中で立場の弱い人間が中心に選ばれる。

三つ前の祭で問題が起こった。

その時、祠に入れられる人はもう決まっていたのだけど、何故か村長の親戚の娘が自分が入ると言い出した。

この女性は7歳の時、祠に入れられた経験のある人。

本人がやりたいならやれば良いということで決まりかけた。

だけど、今度は村長がOKを出さなかったんだよね。

この時はまだ、村の立場の弱い人間を選ぶというルールは無かったけど、多分自分の一族から出すのは格好悪いとかそういうことなのだろうと思います。

でも、その娘は絶対に自分が入ると言って聞かなかった。

それでも結局、村長が絶対に駄目だと言うので、その娘は選ばれなかった。

これは聞いた話なのだけど、その時

「自分が入らないと大変なことになる」「約束がどうのこうの」

と言い、すごく揉めたらしい。

当然何を言っているか意味が解らないし、村長の意向で別の人が二人選ばれた。

その人たちが祠に入って3日後。籠が祠から運び出されて開けられた。

その時に問題が起こった。籠を開けると7歳の方の子は出て来たのだけど、もう一人の方が出て来ない。

村人も段々異変に気付いて、何だ何だという感じになって来た。

籠の中を何人かで確認する。中は空っぽ。

籠から出て来た人は大抵ぐったりしていたり、ボーっとして意識朦朧としていることが多いのだけど、この時の7歳の子はブルブル震えながら怯えているようで、明らかに様子がおかしかった。

村人何人かで祠の中などを探したりしたけど、籠に入っているはずの女性は何処にも見当たらなかった。

駐在さんにも来てもらい、翌朝町から警察官が沢山来て捜索したけど、やはり女性は見つからなかった。

最終的には行方不明ということになった。

後から村の人たちの間で噂になったことなのだけど、7歳の子が警察の人に色々聞かれた時に、しきりに

「守らんかったから来た」

などと妙なことを言っていたらしい。

その子も相当なショックを受けたのか、それをただ繰り返すだけで、何が来たのかは

「ウルグル」

と変なことを言うだけで判らず仕舞い。

こういうことがあったから、当然祭りをどうするか話し合いがあったそうだが、ご先祖様たちがここに落ち着くと同時に始まった祭りなので、祭りそのものは存続。

ただし、安全のため祠に入る人の選定は、審査して問題の無い人を選ぶということに。

というのは表向きで、実際は何が起こっても良いように、立場の弱い人間が中心に選ばれることになった。

あの時の7歳の子は今でも村で生活しているらしいけど、あまり普通に会話出来るような感じではないらしい。

村長の親戚の娘はこの事件の後、何ヶ月かして余所に出て行ったということだった。

村長はそれから暫くして亡くなった。

当時もこの事件について話さないようにという雰囲気が村にあったようで、真相を知りたくても村人たちはそれ以上踏み込めなかった。

なので、本当にオチ無し。あまり怖くない話でごめんなさい。一応これで終わりです。

関連記事

稲穂と夕日(フリー写真)

眠り稲を起こすな

祖父がまだ子供の頃の話。 その頃の祖父は、毎年夏休みになると、祖父の兄と祖父の祖父母が暮らす田園豊かな山麓の村に両親と行っていたのだという。 その年も祖父は農村へ行き、遊び…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。 森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …

田舎の風景(フリー写真)

おっぺけ様

これは友人の実家へ泊まりに行った時、友人(Aとします)のお爺さんから聞いた話です。 友人の実家は山奥の集落にあり、小さい頃から夏休みになると一緒に泊まりに行って、山遊びや川遊びを…

くねくね

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。 年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違…

山(フリー写真)

双子山

ある北国の山間。鄙びた温泉宿で、僕は穴を掘っていた。 脇の木製のベンチに腰を掛けて、夕闇に浮かぶ整然と美しく並んだ双子山を眺めた。 「今日の作業は終わりか。日没まで間も無い…

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。 自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

田舎の風景(フリー写真)

生贄の風習

俺の親父の実家がある村の話。 父親の実家は、周囲を山にぐるっと囲まれた漁村だ(もう合併して村ではないが)。 元の起源は、落ち延びた平家の人間たちが隠れ住んだ場所で、それが段…

田舎の風景(フリー素材)

シンジラ様の歯

夏休みに婆ちゃんの家に遊びに行き、従兄弟とその友達と遊んでいた時の話。 婆ちゃんの家の近くの山には「シンジラ様」という神様が居るらしく、月に一回シンジラ様にお供え物をしなければな…