レイミーさん

公開日: 輪廻転生に関する話

ミシン糸(フリー写真)

去年、オーストラリアへ海外旅行に行った時の話。

私はケアンズの郊外の自然一杯の所をレンタカーで走っていた。その時、

『………あれ。ん? ここ、来たことあるよな』

と思ったんです。所謂デジャヴというものかな…と思いました。

『ああ、そこを曲がって車で20分ほど行くと海岸があって……』

と不意に思ったので曲がると、

『……あぁ、そうそう。ここのね。この店……』

どこかで見たことのある景色が広がりました。

そう言えば、オーストラリアの独特のロータリー方式の交差点は初めてなのだけれど、何だか凄く馴染んでいます。

『あぁ、ここ、この家。あら、隣……変わってるわぁ』

と昔懐かしい感覚に包まれたので、車から降りて彷徨いていると、家から白髪のおばあちゃんが出て来て、

「あっ!」

と二人とも声を上げました。

おばあちゃんはレイミーさんと言い、その名前も聞き覚えがある気がしました。

家に上げてもらい、そして飾ってある写真を見て更に驚きました。

レイミーさん謂わく、

「これは私のお母さんの若い頃」

外人さんなのだけれど、私そっくりの人が白黒写真に写っています。

レイミーさんは私を二階に誘い、自分の母が昔使っていたというミシンのある部屋を見せてくれました。

私は、

『あ、そうだ……あなたに、あげようと思って忘れていた……』

と思い、ミシン台の横の引き出しを開け、蓋の裏の封筒を取り出しました。

中には、古ぼけた小切手が一枚。

私は本当にここに居たんだな……と実感出来ました。

現在もレイミーさんとは頻繁に文通をしています。

関連記事

前世

僕が15才だったとき、3才の妹が洗面台に置いてあった緑色の除光液を、マウスウォッシュだと間違えて飲んでしまったんだ。すぐに近所の薬局の人に、誤飲用の薬を持ってきてもらって、妹に…

前世記憶がある俺の話

まず、前世の記憶と言ってもしっかりとはしていない。生まれた時から記憶が全てあるとか、そういうものではないという事は前提で聞いて欲しい。 ※ 始まりは小学校だった。その頃から…

親子(フリー写真)

前世の母

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。気が付いたら古い…

桜(フリー写真)

五回目の人生

俺には高校時代からの親友Aがいる。高校時代の当時、Aの自宅には、Aの従兄弟で大学生であるBさんが居候していた。Aの父親が、Aの大学受験の勉強を見てもらう事を条件に、地方…

胎内の記憶

5才くらいの頃の体験なんだけど、白装束かローブのようなものを着た、髭もじゃの外国人のおじさんの家によく遊びに行っていた。それが夢なのか実際に行っていたのかはよく分からない。 …

天国(フリー画像)

あの世の記憶

数年前に私は不思議な体験をしました。家族旅行でキャンプに行った時のことです。弟と二人でキャンプ場から少し離れた林の奥で遊んでいると、いつの間にか弟とはぐれてしまい、慌て…

無限ループ(フリー素材)

無限ループする世界

高校時代の同級生に「右目を見ると前世が判る」と言う女子が居た。相手の瞳を見ていると、額の前辺りにその人の前世の映像が見えてくるらしい。瞬きはして良いけど、目は逸らしては…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

フラクタル(フリー素材)

魂の年齢 – 輪廻転生について –

人は何度も生まれ変わりを繰り返す。殆どの人には前世があり、そのまた前世がある。前世の回数に比例して魂レベルが高くなる傾向がある。つまり、前世の回数が多いほど大人…