赤い世界

吉祥寺駅(フリー写真)

僕が小学6年生の時の話。

当時、僕は吉祥寺にある塾に通っていました。

隣の○○区からバスで通うのですが、その日もいつも通り塾へ行くため、僕はバスに乗りました。

バスに乗ると乗客は疎らで、座ることが出来ました。

しかし段々とバス内は混み合い、気付くと目の前には一人のお爺さんが立っていました。

岡田真澄ではないですが、ピシッとしたスーツにハットを被り、すらっとした感じのお爺さんでした。

僕は席を譲らなければと思い、

「どうぞ」

と声を掛け、彼は

「ありがとう」

と笑いました。

当時小学生だった僕の考えは愚かで、『このお爺さん、顔がしわしわだな』とか『マジシャンみたいだな』と思っていました。

すると彼は、

「君は優しいねー」

と話し掛けてきました。

僕もそれに答えるように話が始まり、気付けば普通に話をしていました。

他愛も無い世間話で、会話内容で憶えているのは、塾のことや成績の話だったと思います。

また、僕が当時健在だった両親から

「知らない人と話しちゃいけない」

と言われていたのでそれを言うと、

「こんな爺に誘拐とか出来ると思う?」

と聞かれ、首を振ったのが記憶にあります。

間もなく終点の吉祥寺駅に着くという時、僕はついにあの疑問を訊ねたのです。

「マジシャンですか?」

彼は暫く笑っていましたが、バスが停車すると座ったまま人差し指を立て、こう答えました。

「でもね、コレなら出来るぞ」

『コレって何だ?』と思っていると、乗客達は殆どバスを降りており、残ったのは僕達だけ。

慌ててお爺さんを置いてバスを降りた瞬間、強烈な赤い光が飛び込んで来て眼が眩みました。

突然のことに驚いて目を開けると、そこには誰も居ない…。さっきバスを降りたはずの乗客も居ないのです。

周りを見渡しても誰一人居ない。車も走っていない。乗って来たはずのバスも消えていました。

でも、何より一番怖かったのが、風景というか世界が赤いのです。

何と言うか、赤い光を当てた世界と言うか…。よくドラマや映画などで黄色や青などの発色が強い映像があるじゃないですか?

そんな感じで明らかに異常な風景なんです。確かに夕方頃だったとは思いますが、そんなレベルの色の強さではないんです。

当時の吉祥寺駅前ロータリーは、ホームレスやスケボー族のお兄ちゃん達が多く、当時は喧嘩などもあって怖かったのを憶えています。

そんな繁華街で喧騒一つ聞こえない異常な色の風景に、僕は怖くなって走りました。

映画のバニラスカイのオープニングをご存知でしょうか? まさにあんな感じです。

駅前通りを走っても誰も居ない…。

僕は泣きじゃくり、しゃがみ込んでしまいました。

気付くと目の前にはさっきのしわしわのお爺さん。

僕は、

「戻して!早く戻して!」

と泣き叫びました。

お爺さんは

「ごめんね」

と言い僕の頭を撫でると、

「怖がるとは思わなかったよ。ごめんね」

と何度も謝りました。

急に喧騒が聞こえ、ふと顔を上げると普通の風景に戻っていました。

横断歩道の真ん中でしゃがんで泣いていたので、周りの人からは変な目で見られていましたけど。

周りには人集りが出来ていて、気付くとあのお爺さんはどこかに消えていました。

関連記事

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

都市(フリー写真)

見知らぬ町

俺が高校生の時に出会った時空のおっさんの話。その日は友達と遊んでから帰って来て、自分の部屋(一戸建ての3階)で寛いでいた。ベットに寝転び、伸びをしながらリラックスしてい…

時が止まる場所

昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…。当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。ある日、リーダー格の友人Aの意見で、公園内だけではつ…

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

歪みが発生している場所

確か小学2年の頃の話。クラスで仲の良い友人が、「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」と言うので付いて行った。そいつは普段から「宇宙人を見た」などと言…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。する…

竹下通りの裏路地

今から5年前、当時付き合っていた彼女と竹下通りへ買い物に出掛けました。祭日だったと記憶しています。どこを見ても若者だらけで、快晴の空の下、人混みを避けながら買い物を楽しんでいま…