呪い人形

公開日: 怖い話

炎(フリー写真)

呪いの藁人形をご存知ですか?

それに関する話です。

私は仕事柄転勤が多く、各地を転々としていました。

時にはアパート、時には貸家。

私が山口の萩という所に転勤になった時の話です。

安く家を貸してもらえるというので、暫くの間、家を借りることになりました。

ただ問題だったのが、かなりの山奥で、大きな家なのですがかなり古いものだということでした。

住み始めてから一ヶ月が経とうとするある日。

私の娘が庭で妙な箱を見つけてきました。

家の中も庭も、家に住み始めてから最初の連休の時に隈なく見て回ったはずでしたが、庭に箱などありませんでした。

そう思ったのは、何よりその箱が特徴的な箱で、見て分かりそうな目立つものだったからです。

私には霊感は殆どないのですが、その箱が異常に不吉な感じがしていました。

この時、私の選択が正しければ、恐怖を体験しなかったと思います。

私はこの不吉な箱を燃やしてしまったのです。

ただ一般人的な考えからは、必要ないものは燃やすか捨てるか、そういう選択しかなかったのです。

その当時は…。

数日して悲惨なことが起こりました。

私の友人の一人が車で事故を起こしました。

車は炎上。友人が病院に運ばれた時は全身火傷で、既に息がなかったということでした。

その数日後。

またも私の友人が、家で焚き火をしている際に火が服に移り、右腕と右顔半分を火傷する大怪我を負いました。

病院に入院した友人に会い、事情を聞きました。

友人の話では、

「事故が起きる数日前、体が焼かれる夢を見た」

とのことでした。

私は迷信など信じない性格でしたが、この時『ひょっとしたら…』と思いました。

それから家に帰り、すぐ庭を調べました。

ごみを焼却するごみ穴を調べました。あの箱は焼け残っていました。

箱を調べようと手を伸ばした時、物凄い寒気が体を襲ったのを覚えています。

箱の中からは人形が出て来ました。

全部で三体。そのうち一体は丸焦げ、一体は半分が焼けた状態でした。

一体は全く焼けていません。人形は極普通の日本人形で、着物を着た女の人形です。

焦げかけた人形を手に取った時、焦げた人形の和服がぼろぼろと落ちました。

その人形の裏を見た時、恐怖のあまり腰を抜かしてしまいました。

そこには友人の名前が書いてあるのです。

黒焦げの人形の方は名前が見えませんでしたが、大体判りました。

焼けなかった人形に、私の名前が書いてあったからです。

何もかもが不思議でした。

誰が何故こんな事を。私と友人もこれと言って共通点はありません。他にも友人は居るのですから。

誰かに恨まれる覚えはありません。何故この家にそんなものがあるのか…。

家に私を恨んでいた誰かが住んでいたのか…私の知っている人間には山口に住む人は居ません。

何もかもが不思議でした。

私はそれからすぐにその家を出ました。

あの人形はお寺に預けました。お寺の人の言葉が今でも心に残っています。

「供養しようと思った。でも、供養できるものではない。

この人形に憑いた怨念は、人間のものではない」

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。 便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。 残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

白い顔の女

大学時代の友人、藤本の話をします。藤本は入学当初から賑やかで遊び好きな男でした。 その藤本が2年の春から大学の近くにアパートを借りて、一人暮しを始める事になったのです。 晴…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。 それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。 おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。 当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。 研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

人形の夢

前月に学校を辞めたゼミの先輩が残して行った荷物がある、という話は久保から聞いた。 殆ど使われていない埃っぽい実験準備室の隅っこに置かれた更衣ロッカーの中。 汚れたつなぎや新…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。 最初の頃の彼のギターテクニックは…

暗い夜道(フリー写真)

ヤモリ女

あれは大晦日のことでした。 深夜、煙草を買いに行こうと少し離れた場所にあるコンビニへ出向きました。 私の住んでいる所ははっきり言って田舎なのですが、昔は街道筋だったので、狭…

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。 風呂が無いので銭湯に行ってる。 いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。 浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…