呪い人形

公開日: 怖い話

炎(フリー写真)

呪いの藁人形をご存知ですか?

それに関する話です。

私は仕事柄転勤が多く、各地を転々としていました。

時にはアパート、時には貸家。

私が山口の萩という所に転勤になった時の話です。

安く家を貸してもらえるというので、暫くの間、家を借りることになりました。

ただ問題だったのが、かなりの山奥で、大きな家なのですがかなり古いものだということでした。

住み始めてから一ヶ月が経とうとするある日。

私の娘が庭で妙な箱を見つけてきました。

家の中も庭も、家に住み始めてから最初の連休の時に隈なく見て回ったはずでしたが、庭に箱などありませんでした。

そう思ったのは、何よりその箱が特徴的な箱で、見て分かりそうな目立つものだったからです。

私には霊感は殆どないのですが、その箱が異常に不吉な感じがしていました。

この時、私の選択が正しければ、恐怖を体験しなかったと思います。

私はこの不吉な箱を燃やしてしまったのです。

ただ一般人的な考えからは、必要ないものは燃やすか捨てるか、そういう選択しかなかったのです。

その当時は…。

数日して悲惨なことが起こりました。

私の友人の一人が車で事故を起こしました。

車は炎上。友人が病院に運ばれた時は全身火傷で、既に息がなかったということでした。

その数日後。

またも私の友人が、家で焚き火をしている際に火が服に移り、右腕と右顔半分を火傷する大怪我を負いました。

病院に入院した友人に会い、事情を聞きました。

友人の話では、

「事故が起きる数日前、体が焼かれる夢を見た」

とのことでした。

私は迷信など信じない性格でしたが、この時『ひょっとしたら…』と思いました。

それから家に帰り、すぐ庭を調べました。

ごみを焼却するごみ穴を調べました。あの箱は焼け残っていました。

箱を調べようと手を伸ばした時、物凄い寒気が体を襲ったのを覚えています。

箱の中からは人形が出て来ました。

全部で三体。そのうち一体は丸焦げ、一体は半分が焼けた状態でした。

一体は全く焼けていません。人形は極普通の日本人形で、着物を着た女の人形です。

焦げかけた人形を手に取った時、焦げた人形の和服がぼろぼろと落ちました。

その人形の裏を見た時、恐怖のあまり腰を抜かしてしまいました。

そこには友人の名前が書いてあるのです。

黒焦げの人形の方は名前が見えませんでしたが、大体判りました。

焼けなかった人形に、私の名前が書いてあったからです。

何もかもが不思議でした。

誰が何故こんな事を。私と友人もこれと言って共通点はありません。他にも友人は居るのですから。

誰かに恨まれる覚えはありません。何故この家にそんなものがあるのか…。

家に私を恨んでいた誰かが住んでいたのか…私の知っている人間には山口に住む人は居ません。

何もかもが不思議でした。

私はそれからすぐにその家を出ました。

あの人形はお寺に預けました。お寺の人の言葉が今でも心に残っています。

「供養しようと思った。でも、供養できるものではない。

この人形に憑いた怨念は、人間のものではない」

関連記事

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

扉(フリー写真)

会社の開かずの間

うちの会社には、開かずの間がある。嘘みたいな本当の話で、確かにある。会社は3階建て。その3階の端に資材倉庫があり、その倉庫の奥に扉が設置されている。新人の頃、資…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

廃墟(フリー写真)

廃病院での肝試し

会社の先輩のIさんに聞いた話。先輩が大学一年の時に、仲の良いサークル仲間四人で肝試しに行くことになった。市街地から少し離れた所にある廃病院。お化けが出ると結構有名な所だ…

磯(フリー写真)

白い手

海が近いせいか、漁師さんの間に伝わる迷信のような話を近所でよく聞かされた。『入り盆、送り盆には漁をしてはいけない』とか『海川に入ってはいけない』とか。そういった話はうち…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

残されていたもの

かつて、地方のとある旅館に泊まった家族の娘が、トイレで惨殺されるという事件があった。事件現場は凄惨を極めた。全身は滅多刺しにされ、顔は個人の判別もできないほどに破壊され…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

自殺志願

年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い出です。俺が19歳の頃の話です。高校は卒業していましたが、これといって定職にもつかず、気が向いたら日雇いのバイトなどをしてブラブラしてい…

海から来たるもの

普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。ここからは彼の語り。ただし、酔って…