呪い人形

公開日: 怖い話

炎(フリー写真)

呪いの藁人形をご存知ですか?

それに関する話です。

私は仕事柄転勤が多く、各地を転々としていました。

時にはアパート、時には貸家。

私が山口の萩という所に転勤になった時の話です。

安く家を貸してもらえるというので、暫くの間、家を借りることになりました。

ただ問題だったのが、かなりの山奥で、大きな家なのですがかなり古いものだということでした。

住み始めてから一ヶ月が経とうとするある日。

私の娘が庭で妙な箱を見つけてきました。

家の中も庭も、家に住み始めてから最初の連休の時に隈なく見て回ったはずでしたが、庭に箱などありませんでした。

そう思ったのは、何よりその箱が特徴的な箱で、見て分かりそうな目立つものだったからです。

私には霊感は殆どないのですが、その箱が異常に不吉な感じがしていました。

この時、私の選択が正しければ、恐怖を体験しなかったと思います。

私はこの不吉な箱を燃やしてしまったのです。

ただ一般人的な考えからは、必要ないものは燃やすか捨てるか、そういう選択しかなかったのです。

その当時は…。

数日して悲惨なことが起こりました。

私の友人の一人が車で事故を起こしました。

車は炎上。友人が病院に運ばれた時は全身火傷で、既に息がなかったということでした。

その数日後。

またも私の友人が、家で焚き火をしている際に火が服に移り、右腕と右顔半分を火傷する大怪我を負いました。

病院に入院した友人に会い、事情を聞きました。

友人の話では、

「事故が起きる数日前、体が焼かれる夢を見た」

とのことでした。

私は迷信など信じない性格でしたが、この時『ひょっとしたら…』と思いました。

それから家に帰り、すぐ庭を調べました。

ごみを焼却するごみ穴を調べました。あの箱は焼け残っていました。

箱を調べようと手を伸ばした時、物凄い寒気が体を襲ったのを覚えています。

箱の中からは人形が出て来ました。

全部で三体。そのうち一体は丸焦げ、一体は半分が焼けた状態でした。

一体は全く焼けていません。人形は極普通の日本人形で、着物を着た女の人形です。

焦げかけた人形を手に取った時、焦げた人形の和服がぼろぼろと落ちました。

その人形の裏を見た時、恐怖のあまり腰を抜かしてしまいました。

そこには友人の名前が書いてあるのです。

黒焦げの人形の方は名前が見えませんでしたが、大体判りました。

焼けなかった人形に、私の名前が書いてあったからです。

何もかもが不思議でした。

誰が何故こんな事を。私と友人もこれと言って共通点はありません。他にも友人は居るのですから。

誰かに恨まれる覚えはありません。何故この家にそんなものがあるのか…。

家に私を恨んでいた誰かが住んでいたのか…私の知っている人間には山口に住む人は居ません。

何もかもが不思議でした。

私はそれからすぐにその家を出ました。

あの人形はお寺に預けました。お寺の人の言葉が今でも心に残っています。

「供養しようと思った。でも、供養できるものではない。

この人形に憑いた怨念は、人間のものではない」

関連記事

レベル9

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。 …

顔だけにモザイク

小学校くらいに友達から聞いた話なんだけど、ちょっと思い出したので書いてみる。ある男を仮にAとさせていただきます。Aがレンタルビデオ屋でビデオを借りてきて、家に帰って早速…

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

蔵(フリー写真)

土蔵の仏壇

僕の実家には大きな土蔵がありました。先祖代々伝わって来た、訳の解らない掛け軸や扇子や壺などが、山ほどありました。ある日、いい加減古いものは処分しようと、家族総出で整理を…

校庭(フリー写真)

あやこさんの木

私が通っていた小学校に、あやこさんの木というのがあった。何という種類かは分からないが、幹が太く立派な木だ。何故、あやこさんの木と言うのかは判らない。みんなそう呼…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…

学校の校門(フリーイラスト)

校門を閉じる習慣

私の通っていた高校には、17時のサイレンが鳴ると共に、用務員の人が急いで校門を閉める習慣がありました。まだ下校のチャイムすら鳴っていないのに正門を閉めるのです。生徒はい…

花(フリー素材)

いっちゃん

妹の話。妹が5歳、自分が7歳の時、伯父が遊びに来た。伯父を見るなり妹は、「がしゃーんがしゃーん、イタイイタイの伯父さん」と言い出した。伯父も両親…