ガラス瓶

c0122819_18263064

知り合いに、瓶を怖がる女性がいます。コーラ瓶、一升瓶はもちろん醤油の小瓶も触れない。

そんな彼女に聞いた話。

ジュース容器といえばペットボトル主流の現在だけど、彼女が子供の頃は殆ど瓶だった。

そのオレンジジュースも瓶だった。広口の四合瓶、フタを回して開ける肉厚のガラス瓶。

これが爆発した。目の前で。

製造の段階で紛れ込んだ雑菌が瓶内で繁殖して発酵、ガスが発生して膨張…発酵爆発という説明を受けたのはずっと後の事。

母親とお買い物から帰った彼女は、買ってきたジュースをすぐ飲みたいとねだった。

「それじゃ戸棚からコップをとってきてちょうだい」

母親は喜んで戸棚に駆けだした娘を見ながらそう言い、買い物袋から瓶を取り出しフタをひねろうと手をかけた。

「ドカン!」

という音と悲鳴に驚いた近所の人が駆けつけて見た光景。

両手の肉がグチャグチャになったまま呆然とたちつくす母親。その両手から噴き出す鮮血を、両手で持ったコップに必死で受けとめる娘。

娘は

「こぼれちゃう!こぼれちゃう!」

と叫んでいたという。

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…

日本人女性の目(フリー写真)

最後の一線

ある意味怖く、ある意味笑っちゃうような話なのだが…。俺が高校一年生の時の話だ。この頃はもう両親の関係は冷え切っていて、そろそろ離婚かな…という感じの時期だった。…

リョウメンスクナ

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。それでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「ちょっと…

日本人形(フリー画像)

ばあちゃんの人形

母から聞いた本当にあった話。肉親の話だから嘘ではないと思う。母の昔の記憶だから、多少曖昧なところはあるかもしれないけど。 ※ 母がまだ子供の頃、遊んで家に帰って来たら居間の…

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

隠された部屋

友人が引っ越しをした。引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。俺たち…

通学路(フリー素材)

お地蔵様の顔

小学校の頃、通学路に小さな祠があった。その傍らに背が40センチぐらいのお地蔵様が四体、通学路の方を向いて並んでいたのだが、右端のお地蔵様だけ顔が見えないように、顔の前面が布で隠…

歯型

これは今から13年前に起きた出来事です。今でもあれが何だったのか解りません。早く忘れられれば良いと願っています。当時、私は上京してきたばかりで、右も左も分からない状態で…

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…

ハンバーグ

私が中学生の時の事です。母がスーパーで手作りハンバーグを買ってきました。真空パックに入った調理済みのものではなく、そこのスーパーの肉屋さんでひき肉をこねて成形し、後は焼…