きらきらさん

dodge_dart___pure_art_by_nazardud-d500t4o

差し障りがあるといけないので、時と場所は伏せて書きます。

そこの施設内で、度々動物の惨殺死体が発見されるのです。

そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。

「きらきらさんってなに?」と聞くと両目を両手で隠し「しらない」としか言いません。

そこの職員も「きらきらさん」が何なのか、さっぱり分からず不気味に思っていました。

ある日、施設内の庭に子供達を連れ出した時、私と手を繋いでる男の子が小さく「あっ」と声を漏らし「きらきらさんだ」と言って、青空の一点を見つめました。

私も空を見つめましたが何も見えません。

ふと気がつくと、他の子供達も徐々に「きらきらさん」に気がついたらしく、ひとり、またひとりと空を見上げ、結局その場の子供達全員が同じ空の一点を見つめているのです。

「きらきらさん」に向かって、にこにこ手を振っている子もいます。

とても晴れ渡った明るい昼下がりに、突然起こったこの不安な静寂に耐え切れず、私は手を繋いでいた男の子の前にしゃがみこみ「なんにも見えないよ? きらきらさんってなんなの?」と問いかけました。

するとやはり、両目を両手で隠し「しらない」というのです。

私は彼の両目を覆っている両手を外し「私も知りたいなー。教えてよ」と言いました。

すると、その子はいきなり、両手の人差し指を思い切り突き出し私の両目を衝こうとしたのです。

驚いて尻もちをついたので、その攻撃を避けることができましたが、今度はその突き出した両手の人差し指を、同じ勢いで、何の躊躇いもなく彼は自分の両目に突き刺したのです。

あまりのことに我を忘れて私は彼に飛びかかり、押し倒し、さらに力を込めて自分の目にねじ入れようとしている小さな両手を必死に押え「だれかっ!だれかああぁあ!!たすけてったすけてぇぇぇ!!!」と絶叫していました。

子供とは思えないような力でした。

私と揉み合う内に、彼は自分を取り戻したのでしょうか。

不意に「目が痛いよーーー!!痛い痛いよーー!」と泣き出しました。

まるで今ケガに気がついたように。

すぐに病院に連れて行き、失明を免れることはできましたが、後遺症は残ってしまいました。

私は今まで、この体験は集団ヒステリーのようなものだと思っていました。

または空想の産物の共有みたいなことが起こっていたのかもと解釈していました。

しかし、時も場所も違うにも関わらず『ヒサルキ』という話が存在し、『きらきらさん』を体験した私がいる。

言葉を上手く操れない子供達は、得体の知れないものに対して勝手に名前を付け、親しんでしまうことがあります。

大人がある時ふと耳にする聞きなれない子供達の「造語」に立ち入ってはいけない場合があるのではないか…。

今になってそう思います。

関連記事

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

ポラロイド写真

不可解な写真

最近、バイト先の店長から聞いた話。その店長の兄が10年ぐらい前に経験した話です。その兄は当時、とある中小企業に勤めていたんだけど、まだ2月の寒いある日、後輩の女の子が無断欠勤し…

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

フラクタル模様(フリー素材)

予知夢

俺にはデジャヴのような体験がよくある。デジャヴではなく予知夢なんだけどね。でも中途半端な能力で使えない。いつ起こる出来事か判らないし、過去の夢の時もある。ただの夢とも混ざってし…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。は…

魚(フリー画像)

魚の夢

俺は婆ちゃん子で、いつも婆ちゃんと寝ていたんだが、怖い夢を見て起きたことがあった。多分5歳くらいの時だったと思う。夢の内容は、『ボロボロの廃屋のような建物が三軒くらいあって、そ…

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…