騙されないぞ

IMGP0172-0113-801

飲み会が終わって終電に乗った時の話。

帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。

しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。

俺とそのおっさんはお互いそれぞれ車両の両端のシートに座ってた。

おっさんは気持ち良さそうに居眠りしてた。相当疲れてるか、酔っ払ってたんだろう。

おれもちょっと眠かったから目を閉じた。そして5秒くらい経っただけで目を開けた。

おっさんの姿が目に入った。

おっさん、シートを俺の方へ一列移動してるように思えた。

結構酔っていたからか、そんなことどうでも良かったので、俺はまた目を閉じた。

また数秒で何か嫌な感じがして、目を開いた。

今度は確かにおっさんがまた一列こっちの方へ移動してた。

ちょっとやばいかもしれないと思って、スリでもやらかしたらとっ捕まえて駅員に引き渡してやろうと思い、俺は半目を開けて寝たフリをしてみた。

案の定、おっさんは俺が目を閉じたのを確認して立ち上がった。

『こっちへ来るか?』と思ったが、そうじゃなかった。

おっさん、そのまま車両の真ん中でクルクル回り始めたんだ。

そして回りながら、

「騙されないぞ~騙されないぞ~狸寝入りなんかに騙されないぞ~」って呟き始めた。

さすがに俺もビビって、そのまま寝たフリをし続け、次の停車駅でドアが閉まる直前に逃げるように電車を降りた。

おっさんは追っては来なかった。

ただ、タクシー代もなくて2時間以上歩いて帰宅した。最悪だった。

関連記事

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

田舎の夕焼け(フリー素材)

辰眼童(シマナオ)さま

もう8年前になるかな…。当時はまだ高校生で、夏休みの時期でした。6年ぶりに遠くに住んでる祖父母に会うと父が言いました。俺は夏休みもそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

夜空の月(フリー写真)

砂利を踏む足音

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興…

抽象的(フリー素材)

ムシャクル様

前職が前職だったので、不思議な話を聞く機会はそれなりにあった。老若男女問わず、「こんなことがあったんだが、何もしなくて大丈夫か」「あれは一体何だったのか」などを寺に尋ねに来る人…

田舎の景色(フリー写真)

よくないもの

自分、霊感ゼロ。霊体験も経験無し。だから怖い怖いと言いながら、洒落怖を見てしまうのさね。何年か前、当時大学生だった親友Aから奇妙な頼まれ事があった。そう…ちょう…

ビル(フリー写真)

鳴り続ける電話

先日、年末の追い込みで一人残業をしておりました。残業規制厳しい折、電灯は自分の席のみに限定され、結構広い事務室は私の席を残して後は全部真っ暗の状況。商店街の一角の会社と…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わ…

踊り狂う血まみれの女

すっげー昔のガチ話な。俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。生まれる前だったんで人から聞いた話。場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学…