三回転

Amaterske_akvarium

私の体験です。

まだ私が3歳ぐらいの頃、父と2人で遊園地に行ったときです。

父と乗り物にのるために順番待ちをしてた時、私は退屈からかその場で目をつぶったまま三回転ほどくるくる回ってました。

そして目を開けたらまったく見知らぬ場所にいたのです。そこは遊園地内にある水族館の中でした。

水族館と乗り物の場所は1キロほど離れており、水族館に入るにはチケットが必要でした。私はその場で泣き始め、結局園内放送で父を呼んでもらいました。

父が言うのは、煙草に火をつけようとほんの一瞬目を離した数秒の間に私は消えてしまったということでした。最初は後ろにいた人が誘拐したのかと疑ったそうです。

私はその体験以降、目をつぶったまま回転するとどこかにワープしてしまう恐怖から二度とやらないと誓いました。

でも5歳の頃、田舎の祖父母の家に行ったとき、庭であの時と同じようにその場で目をつぶりくるくると回ってみました。

目をあけると見たことのない海でした。そこは祖父母の家から5キロほど離れた場所でした。

今はもう三回転しても何も起きません。

ただ私はそのとき確かに瞬間移動しました。

関連記事

笑い袋

もう20年以上前の話です。当時小学低学年だった私には、よく遊びに行く所がありました。そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。お兄さんは沢山の漫…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。…

プラント・コロニー(長編)

いつものようにバイトをして、休憩室で飯を食ってたんだわ。飯を食い終わってスマホを弄ってたら、頭がくらっとしてきた。貧血かなーと思ってたんだけど、妙に意識だけはっきりして…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

時計(フリー素材)

巻き戻った時間

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。 ※ 当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に…

ソックリさん

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。そしたら自動ドアで入って来た人とぶ…