ガラス玉のような目

公開日: 東京伝説

夜道(フリー背景素材)

数年前に友達とドライブに行った時の事。

結構遅くまで盛り上がって、帰る頃には夜中の2時を回っていた。

車も人も全く通らない道路を走っていると、前方に人影が。道路の真ん中をフラフラと歩いている。

最初は酔っ払いかと思ったが、近付いて見ると小学生の子供だった。

こんな夜中に?

俺達は瞬時に楽しい気分が吹っ飛んだ。多分誰もが『幽霊か?』と思っただろう。

スピードを落としてよく見ると、ちゃんとした人間のようだった。

そのまま見過ごすのは不憫だと思った俺達は車を停め、少年に近付いた。

俺が車を降りて

「何してるの?」

と聞くと、少年はボソッと

「遊んでた……」

と言う。

夜中の2時に子供が遊んでいた?

その時点でかなり怖かったんだけど、一応家まで送る事にした。

車に乗せて話を聞いても要領は得ない。何と言ってもその少年が終止無表情だったのがゾッとした。

特にその目。俗に言う「ガラス玉のような目」に初めて遭遇した。

その時の印象は『ああ、この子は人を信用してないんだな』というものだったな。

暫く走ったところで、その子が

「ここでいい……」

と言うので降ろした。

「本当にここでいいの? 家まで送る?」

と聞いてはみたものの、内心ホッとしていた。

後から友達にその時の話をすると、みんなかなり怖かったらしい。

ただの少年にここまで恐怖するとは思ってもみなかった。

最初に浮かんだ言葉は「虐待」と言う言葉だった。

親に虐待され、完全に人を信用していないとあんな目をするのかな…と思うと悲しくなった。

関連記事

民家(フリー写真)

無干渉

私は東京と言っても西の外れの方に住んでいるのですが、自宅から百メートルほど離れた所に、小学生時代からの友人の家があるんです。問題はその友人宅の隣に古い一戸建てがあり、友人曰く、…

スマホを持つ女性(フリー素材)

宗教勧誘

バイト先に、十日で辞めた男が居た。仕事は出来たけど目がいっている感じだったので、自分からは話し掛けなかった。 ※ ある日、知らないアドレスから夜中にメールが届いた。開いて見…

俯く女性(フリー写真)

摂食障害の女性

夜中、コンビニの帰りに墓場の前を通ったら女の人が居た。ガサガサと音が聞こえるので近付いて見ると、何かを食べているようだった。それも大量に。かと思ったら土の上に嘔吐し始め…

塀(フリー写真)

腕がない

これは一年と少し前、実際に見た話です。家の近くで子供3人が遊んでいる横を自転車で通ろうとした時のこと…。『何か変やなあ、見間違いかなあ』と最初は思っていたんです。 …

炎(フリー素材)

老人の孤独

俺は土木屋なんだけど、ある道路の工事中に近所から煙が上がってたんだよ。最初は何かを燃やしているだけかと思ったが、どんどん煙の勢いが増して行ったので、見に行ってみると民家が燃えて…

アパートの廊下(フリー写真)

ワンピースの女

知人が体験した話。ある初夏の早朝、ゴミを捨てに行こうと建物の一階ロビーに降りたら、包帯を両腕に沢山巻いた白いワンピースの女が倒れていた。その建物のガラス戸はオートロック…