せいちゃん(従姉妹シリーズ1)

公開日: 従姉妹シリーズ

犬(フリー写真)

五つ年上の従姉妹の話。

何だかおかしな人で、彼女と関わったことで幾つか奇妙な体験をした。

今から話すのはその中の一つ。

俺がまだ小学生だった頃、近所にせいちゃんと呼ばれている人が住んでいた。

三十代の一人やもめで痩身の、気弱そうに笑う犬好きなおじさんだった。

偶に捨て犬を拾って来ては世話をし、家には犬が何匹もいたから、近所の子供たちがよく入り浸っていたのを覚えている。

舗装されていない砂利道が続く借家地帯、近所に住む人たちは皆んな知り合いでプライバシーなんて皆無。そんな所で俺もせいちゃんも暮らしていた。

ある日、件の従姉妹家族が俺の家へ遊びに来た。

従姉妹は無口で話し辛い人だったので二人で居ても間が持たず、せいちゃんの家に連れて行った。

ちょうどせいちゃんは犬に餌付けをしているところで、垣根の向こう側にその様子を見た彼女は一言、

「あれはとり憑かれてる。もう手遅れね」

と言って俺の家へ戻ってしまった。

俺は訳が解らず、『また二人になるのは嫌だなあ』なんて思いながら後を追ったんだ。

それから暫く経ったある日、家の前の砂利道にぼんやりと佇んでいるせいちゃんを見かけた。

全裸で空を見上げ、半開きの口からは一筋涎が垂れていた。

俺は見てはいけないものを見たような気がして自宅に逃げ帰った。

それがせいちゃんを見た最後だった。

大人たちの話では、せいちゃんは犬と一緒に家に閉じ籠もったらしい。

心配した近所の人が飯を差し入れても、家からは出て来なかったそうだ。

それから間もなくせいちゃんは死んだ。

餓死だった。

発見された時、彼が飼っていた犬たちだけは丸々と太っていたという。

せいちゃんは、近所の人たちからの差し入れも全て犬たちに与えていたんだ。

せいちゃんの死後、家を整理した大家さんの話によると、床下から異常な量の犬の骨が発見されたそうだ。

それらを殺したのがせいちゃんなのか、せいちゃんは従姉妹の言うように取り憑かれていたのか、それとも単に心を病んでいたのかは分からない。

真相は闇の中だ。

とにかくそれが、従姉妹と関わった最初の奇妙な出来事になった。

関連記事

トンネル(フリー素材)

霊の行く場所(従姉妹シリーズ5)

前回の件があった六年後、一家揃って隣の県に引越しました。当時の私は社会人一年目であり、まだまだ学生気分が抜けておらず、その日は新入社員四人で心霊スポットへ行く事になりました。 …

トンネル(フリー写真)

壁の中の生活(従姉妹シリーズ4)

俺の親類には怪談好きが多かった。祖母や叔父などは、ねだれば幾つでも怪談を話してくれたものだ。中でも俺のお気に入りだった語り部は、年上の従姉妹だった。この人が変わり者で、…

川(フリー写真)

女並通り(従姉妹シリーズ2)

昔から古い物には魂が宿ると言う。長い年月を経て魂を得たものは九十九神とも付喪神とも呼ばれ、神や妖怪のような信仰と、僅かな恐怖の対象にされてきた。澁澤龍彦(小説家、フランス文学者…

暗い夜空(フリー写真)

記憶を追って来る女(従姉妹シリーズ7)

語り部というのは得難い才能だと思う。彼らが話し始めると、それまで見て来た世界が別の物になる。例えば、俺などが同じように話しても、語り部のように人々を怖がらせたり楽しませたりは出…

廃墟(フリー写真)

付喪神(従姉妹シリーズ6)

電話やテレビ、ラジオなど、所謂メディアにまつわる怪談は多い。その殆どが、どこかに繋がってしまうという内容だ。便利さの反面、直接的ではない伝達に人間は恐怖心を抱くのだろうか。 …

森(フリー写真)

ノッポな人形(従姉妹シリーズ3)

中学二年の秋口、俺は勉強も部活もそっちのけでオカルトに嵌っていた。その切っ掛けになったのが近所に住んでいた従姉妹で、この人と一緒に居たせいで何度かおかしな体験をした。これはその…