老夫婦の家

日本家屋(フリー写真)

中学生の頃、家が火事に遭いました。

全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。

それで新居を見つけるまでの間、私達は斜め前のお家に間借りすることになりました。

その家は、一年程前に相次いで老死した夫婦の家でした。

本来なら家は遺族が住む筈でしたが、その息子夫婦も郊外に家を持っている方達で、今更その老夫婦の家に移り住む気も無かったようです。

また人に貸す気も無いということで、そのままにされている家だったのです。

もちろん、斜め前に住んでいた私達はその老夫婦のことも知っていたし、その家の状況も知っていました。

だからこそ、こんな事態の時に家を貸してくれた息子夫婦の申し出を有難く思い、感謝の気持ちでその家に移ったのです。

しかし初めてその家に入った時、私達一家はちょっとした戸惑いを感じていました。

家は一年前に主を失ったと言うのに、家財道具が全て残されており、何一つ処分された物は無かったのです。

月に一度は遺族が掃除に来ているということで、冬らしくコタツの上には老夫婦の湯呑み茶碗が置かれている、そんな状態で家は保存されていました。

まるで老夫婦が亡くなり、既にこの世に居ないことが嘘のようです。

無人のはずの家に妙に生々しい生活感があるのが、何だか不思議な感じでした。

私達一家は元々火事で焼け出されているので、必要最低限な物しか持っていません。

食器類などこの家のものを全て借りつつ、当面は生活して行くことになります。

この家に移り住んだ初日、引越しの慌ただしい中で、私一人がこの家の留守を任される場面がありました。

手持ち無沙汰の私は居間にぽつんと残り、部屋を眺めていたのですが、その部屋に据えられている仏壇に興味を持ちました。

私の家は無宗教なので仏壇の無い家でしたが、仏壇のある家では何かとそれに手を合わせる習慣があるのを見聞きしていました。

この家にお邪魔している身なのだから、仏壇に手を合わせるくらいはした方が良いのではないか?

子供ながらそう考えたのです。

早速お線香に火を点け、仏壇に向かって手を合わせました。

しかし線香の匂いが立ち上ると、妙に私は落ち着かなくなって来ました。

何か視線を感じるのです。

仏壇からじっと私を見ている気配が感じられます。

その視線は冷たく、明らかに私を疎ましがっている視線でした。

私は急に怖くなってしまい、仏壇から逃げるように居間の中央まで移動しました。

お線香の匂いは部屋中に充満し、じっとりとした嫌な雰囲気になっています。

私は何か自分に出来る仕事は無いかと思いました。

何か動いていないと不安だったのです。

私の目に映ったのは、昔の柱時計でした。

昭和初期が舞台のドラマなどによく出て来る、振り子の付いた螺子巻き式の時計です。

それはとっくに動かなくなったまま、ただのオブジェと化していました。

しかし電池式ではなく、螺子巻き式です。

螺子さえ巻けば動くのなら、せめて動かす努力くらいはしてみようと思いつきました。

ちゃぶ台を柱の横まで移動させ、その上に乗って時計を外すと、試しに二回ほど螺子を巻いてみました。

するとその途端、

「ボーンボーンボーン」

物凄い大きな音で鳴り始めたのです。

その音はとても陰気で、ただでさえ怯えかけていた私は、余計に怖くなってしまいました。

何とかして止めなくてはいけない。

焦りながら、ただ闇雲に秒針を回していると、

「ガタン」

すぐ耳元で物音がしました。

慌ててそちらを見ると、何故か鴨居に掛けたあったこの家の持ち主おじいちゃんの遺影が外れ、宙ぶらりんに紐で引っ掛かって揺れているのです。

鴨居の溝は結構深く、そこに填め込むように掛けてあった遺影が外れるのは、何か不自然な気がします。

私は既に恐怖で半泣きになりながらも、取り敢えず時計を掛け直し、大きく揺れているおじいちゃんの遺影も立て掛け直しました。

しかし、その瞬間、

「ガタン」

次はおばあちゃんの遺影が外れ、私の目の前で大きく揺れていました。

何も手を出していないのに、何故…?

おばあちゃんの遺影を直す私。

しかし、それでも、

「ガタン」

またおじいちゃんの遺影が外れてしまいました。

まるでわざと遺影を鴨居から落としているようです。

そしてまた突然鳴り出す柱時計。

突然のこの騒ぎに怯えながら、

『老夫婦は自分達の家に入り込んだ私達に対して、怒っているのではないか?』

という危惧が生まれて来ました。

しかし、これは全て私一人が居る時に起きた出来事です。

今回の火事の件、引越し先のこと、色々と大変な問題が起こっている時に、

「もしかしたら、ここの家の死んでしまった二人は幽霊としてここに残り、私達の侵入に対して激怒している」

などと親に言っても、馬鹿にされるどころか、説教すらされかねません。

私はこの出来事を誰にも言わず、黙っていようと思っていました。

その夜、初めてのその家での就寝。

しかも昼間の出来事が私の気持ちに影を落としていたせいか、なかなか寝つけないでいると、不意に金縛りがやって来ました。

丸っきり体が動かない状況に、恐怖する私。

その時、枕元の襖一枚で仕切られている廊下から、ゆっくりと踏み締める音が聞こえて来たのです。

「ギシ、ギシ、ギシ」

決して急がない、ゆっくりとした足取りが廊下の板張りに響きます。

その足取りは、老人の歩くテンポの遅さを想像させるものでした。

この家にはこの時、私を含めた家族五人が寝ているはずですが、足音はその中の誰にも当てはまりません。

この家から早く出て行け。

まるで老夫婦がそう言っているかのようでした。

なぜ、自分だけがこんな思いを…。

翌朝、日の光の中でこの家を眺めながら、私は溜め息を吐きました。

朝になれば昨日の出来事はすっかり忘れて、新しい気持ちになれると希望していたのです。

しかしその考えは甘く、家は陰気な雰囲気に包まれていました。

殆どの時間を外で過ごしている他の家族に比べ、中学生の私は帰宅時間も早く、一人で家の中に居る時間も多かったのです。

家の中の怪現象はそんな私を狙いすましたかのように、一人になった時によく起こりました。

突然、脈絡も無く鳴り響く柱時計。

いくら填め直しても、音を立てて外れてしまう老夫婦の遺影。

毎夜金縛りに遭い、その度に廊下を歩き回る音がします。

ですが、現実問題として家の無い私達がここを出て行くことは不可能な話でした。

現に今、両親は次の住居を決めるため、仕事の合間に不動産屋を回る日々を送っています。

私は毎夜金縛りに遭う度に、そのことを説明するように念じていました。

『この家に居るのは一時的なものです。

すぐに出て行きますから、お願いですから暫くの間ここに居させて下さい』

しかし、老夫婦の霊はそれを理解出来ないようでした。

いくら嫌がらせをしても出て行こうとしない私達に苛立っているかのように、毎日怪現象が起こります。

そんなある日、いつもの金縛りが起こり、廊下を歩く音が聞こえました。

毎夜のこととは言え、いくら経っても慣れない私が恐怖に震えていると、その日は廊下の足音が部屋の前でぴたりと止まったのです。

そして、スッと襖を開ける擦れた音がしました。

私は怖くて必死に目を瞑ります。

その時、

「ドスン」

胸に衝撃が走りました。

急に胸が圧迫され、苦しくなります。まるで上に人が乗っているようでした。

そのあまりの苦しさに思わず半目を開けた私が見たものは、白い着物を着たおばあさんの後姿。

正面を向いていなくて本当に良かった。そう思いながら私は気絶していたようです。

次の日、堪りかねた私はようやく親に相談しました。

「この家、ちょっと変じゃない?」

そんな私の言葉を受けて、母親の顔が曇ります。

「そうなのよね。最近、意味も無く柱時計が鳴ったり、やたらに写真が落っこちて来るのよ」

私だけに嫌がらせをしても埒が明かない。老夫婦の霊はそう思ったのでしょうか。

それから数日後。

いつまでも人の家にお世話になっている訳には行かないと言う理由で、私達一家は別の場所に引っ越しました。

次の家も別に本格的に住む気の無い、言わば仮の住居だったので、今となってみると、親もあの家には何かを感じていたのかもしれません。

老夫婦の家は、それから数年後に取り壊されてしまいました。

生前の彼らに対して、私は特に記憶が残っていません。

ただ近所に住む二人であると、その程度の認識でした。

多分あちらもその程度にしか思っていない、淡い近所付き合いだったと思います。

だからこそ、急に上がり込んで来た私達一家に怒りを覚えたのでしょうか。

私にはそこのところが今だによく解りません。

関連記事

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。 標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。 地元の人たちは…

某アニメーション学園周辺の女の子

俺営業マンなんだけど、今朝は会社に寄らずに直接顧客のところへ直行の日だった。 営業先の某有名アニメーション学園がある駅の改札を降りたところで、変なモノに気付いちゃったんだよね。 …

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

和室

死守り

俺のじじいは柔道五段、がっしりした体格で、土と汗の臭いのするでかい背中。日に焼けた顔。 俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。 素直じゃなくて憎まれ口ばか…

廃ホテル(フリー写真)

心霊ロケ

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。 そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、 「女性の霊を見た」 「…

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。 そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。 そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。 俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…

右腕と右足

自分がまだ中学生だった数年前に、近所の古本屋で漫画の単行本を数冊買って帰ったんです。 その時はある漫画のシリーズを5〜8巻まで通しで買ったので、家に帰って旧いのから順番に読み始め…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、 「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…