カラオケ嫌い

カラオケボックス

佐野さんは大のカラオケ嫌いだ。飲み会の流れで「カラオケ」という単語が出るだけでこっそり姿を消す程の。

「高校の時までは行ったんですよ。わーわー皆で歌うのが楽しかった。ブルーハーツとかスマップとか歌ってましたよ」

当時は上手く歌うことは置いておき、好きに歌っていたと言う。

「大学入って……まあ、よく知らない奴らと遊ぶことになるわけじゃないですか。みんなカラオケのレベル高かったんですよね。これは負けてらんないなあと思って」

授業の合間を見つけては一人カラオケに通い始めたと言う。平日の昼間は人も居らず、一人でも然程恥ずかしくなかった。

「じっくり歌えるから練習になるんですよ。待ち時間もないし、煙草臭くもないしで快適なんです」

しかしある日、怖い思いをすることになる。

練習の成果もあり、カラオケの採点機能でほぼ高得点を出せるようになった頃だ。

いつものように佐野さんはアイスティーを用意し、マイクを握った。

歌い始めは好調だった。高い音も難なく出るし、ビブラートも上手くかかる。

三曲目を歌い始めた時、自分の声が異様に低く聞こえる気がした。

おかしいと思いながらも、キーを調整しながら歌を続けた。

サビに近付いた頃、笑い声が混じり始めた。

『入り口の窓から知り合いが笑っているんじゃないか……』

そう思いドアを開けて確認したが誰も居ない。

ドアを閉めて再び歌い出すと、先程と様子が変わった。

自分の声じゃない、野太い笑い声がスピーカーから狂ったように響いた。

「ケタケタケタ……」

背筋がぞっとした。

カラオケ機の故障かと佐野さんが機械を見ると、異様な歌詞が映像に流れていた。

穢多穢多穢多穢多

穢多

穢多

穢多

穢多穢多

カラオケボックスの隅に、体育座りをした髪の長い女が居た。

長髪の隙間から覗く、ほら穴のような瞳が佐野さんを見つめていた。

真っ赤に裂けた唇はまるで肉を咀嚼するかのように動いていた。

それが歌っていると解った途端、佐野さんはカラオケボックスから飛び出した。

そして受付で店員を目にした途端、失神したらしい。

それ以来、カラオケ屋には二度と行こうとしない。

「一回どうしても断れない状況があったんで行ったんです。十人くらいで」

酔っていたせいもあるのだろう。

皆んなでケツメイシを合唱していた時、佐野さんの目に、風船のように顔が膨らんだ女が映った。

どす黒い紫色の顔から舌がだらんと伸びていた。その女はカラオケ機の横で楽しそうにリズムを取っていたと言う。

「コンビニに行くと嘘ついて逃げました。もう何があってもカラオケには行きません」

カラオケ嫌いな人を、無理に誘ってはいけないようだ。

関連記事

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。でも本人はへらへら笑ってい…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

クシャタ様

4月の中旬頃、高校の時の男友達から電話があり、二人で飲むことになったんです。高校の時はそれなりに仲が良かったのですが、大学に進学してからは会うこともなくなり、話すのは2年ぶりで…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。その教習所で、地元の女の子2人組、C子…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …