青いテント

469735

私は野生動物の写真を撮って自然誌に寄稿するという仕事をしていました。

夜間に山中の獣道でテントを張り、動物が通るのを待って撮影する。

また、赤外線センサーを用いて自動シャッターで撮影するなどです。

仕事柄、人気のない山中に一人で篭もるのが怖いと思ったことはありませんでした。

あの時までは。

奥多摩秩父山地を沢沿いに登った時のことです。

地図を見て想定していた付近には午後の13時頃に着きました。

河原に一人用のテントを貼って17時過ぎまで仮眠をするのがいつものルーティンです。

絶対に人のいるはずのない山奥ですので、都会のただ中よりは安全なはず…そう思っていました。

クマよけのラジカセを木の枝に掛け、眠りに就きました。

起きた時にはもう外はかなり暗くなっていました。

ランタンをテント内に吊し、機材を準備してヘッドランプを装着し撮影に出かけます。

期待と緊張の瞬間です。テントを出て、おかしなことに気が付きました。

沢の上流に向かって10メートルほど離れたところにテントが見えます。

青い色のようです。

ここは釣り場ではないし、本当に人外の地です。

私の他に登山者がいるとはとても考えられませんでした。

テント内の明かりは透けて見えません。

誰かが眠っているのでしょうか?

それにしても、私がテントを張った時には無かったのは間違いありません。

私の仮眠の間に音もなく誰かがやってきた、ということなのでしょうか。

…とりあえず撮影の下見に出かけることにしました。

その時、青いテント内に明かりが点きました。

するとテントの色が急にまだらに変化しました。

テントの内側からそこかしこにどす黒い色が染み出しています。

青い地でよく分からないのですが、その時に古い血の色を連想しました。

礼儀としてテントの人に一声かけるべきなのだろうか、そう思いましたが後から来た向こうが何の挨拶もないのにそれも変かな、と考えました。

実はそれは良い訳で、何よりそのテントが不吉な感じがして怖かったのです。

…大変だけど場所を変えよう、と思いました。

そこでテントを撤収し、なるべくそのテントの方を見ないようにしながらさらに1キロほど沢を登りました。

これで今夜の撮影はできなくなってしまいました。

上流の河原でテントを張り直したら、時刻は21時近くになってしまいました。

簡易食を食べて眠りに就きました。

まだ肌寒い五月のはずですが、びっしりと寝袋内に汗を掻いて夜中に目を覚ましました。

午前2時頃です。

テント内の空気がこもっていたのでジッパーを開け、外の空気を入れようとしたところ愕然としました。

私のテントのすぐ目の前にさっきの青いテントがあったのです。

「えっ、嘘!」

…するとテント内に明かりが点きました。

そしてまだらになったテント内から、二つの手の平が黒く浮かび上がりました。

テント内の人が私の方に向かって手を突っ張っているのです。

私は一瞬気が遠くなりかけましたが、急いで反対側から外に出て横に回り込み、持っていた懐中電灯でそのテントを照らしました。

そのテントの中のものはあちこち手探りをしていましたが、ジッパーを開けて外に出ようとしています。

私は後ろも見ずに沢に入り、膝まで濡らして駆け下りました。

途中真っ暗な中で何度も転びながら、駆けて駆けて駆け下りました。

途中で懐中電灯も放り出してしまいました。

息が切れて走れなくなったところで、うずくまって震えながら朝を待ちました。

次の日、麓から人を呼んで昨夜の場所に行ってみると、二つのテントが並んでいて、一つは私のもの、もう一つは青いテントでしたが昨日見たよりもずっと朽ち果てていました。

テントの中には10年以上経過したと思われる男性の人骨がありました。

私はそれ以来動物の撮影はやめ、山へも行っていません。以上、私が経験した本当の話です。

関連記事

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。すると突…

ベランダの女

俺が小学4年生の時の実体験。俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。姉貴と両親が出か…

人形の夢

前月に学校を辞めたゼミの先輩が残して行った荷物がある、という話は久保から聞いた。殆ど使われていない埃っぽい実験準備室の隅っこに置かれた更衣ロッカーの中。汚れたつなぎや新…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

レベル9

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。 …

扉(フリー写真)

会社の開かずの間

うちの会社には、開かずの間がある。嘘みたいな本当の話で、確かにある。会社は3階建て。その3階の端に資材倉庫があり、その倉庫の奥に扉が設置されている。新人の頃、資…

鯉の池

けもの

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあり、子供の頃はよく遊びに行っていた。じいちゃんは地元の名士とでも言うのかな、土地を無駄に一杯持っていて、それの運用だけで結構稼いでいたらしい。 …

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…